エッグシェルとは?

有田焼は1616年、陶工の李参平により有田の泉山で上質なカオリンを含む白磁鉱が発見されたことで、
"日本磁器発祥の地"としての歴史を刻み始めます。

創業して間もなく、1650年代に入るとオランダの東インド会社によりヨーロッパへの輸出が始まり、
それは江戸から明治へと続いて行きます。その中でも1830年代に入って輸出されたものの中に、
卵の殻の様に薄く、しかも丈夫な"卵殻手(らんかくで)"と言い、海外の人々から"エッグシェル"と呼ばれ、
その美しさと技術力の高さに賞賛を受けた磁器がありました。
その後、明治初期まで輸出が続いたのですが、世界大戦の勃発により輸出も減退し、
世情の不安定な中、それと共に生産も縮小し、遂には生産されなくなりました。

極秘とされていたその製法と、高い技術力を必要としたため、"幻の器"とまで呼ばれていた"卵殻手”を、
弊社は磁器特有の透過性を更に追求し、陶土の改良を加え、また独自の成形方法とのベストバランスを見つける事で
量産を可能にしました。

そうやって誕生したのが、やま平窯元の"エッグシェルシリーズ"です。



 
その厚さ1mm以下 薄くて軽い究極の有田焼磁器

江戸時代から明治にかけて作られた輸出向けの食器の中に "卵殻手"と呼ばれる磁器がありました。
技術の域を極めた薄さと丈夫さを持った磁器は西洋人からも「エッグシェル」と呼ばれ、 絶賛されていたそうです。

100年程前に一度、その技術が途絶えてしまった卵殻手ですが、
有田焼窯元「やま平窯元」の独自の技法によって新しく生まれ変わりました。

その薄さは1mm以下で、磁器特有の透過性があり、照明器具と疑うほどです。
飲み物の味を損なわずに飲んで頂くため、極限までその薄さにこだわりました。




変幻自在 目で彩の変化を楽しむ

磁器そのものは透過性の高い素材ですが、さらに陶土の配合にも研究を重ね透過性を高めました。
丹念に焼成する事とその薄さと相まって、注いだ飲み物がほのかに透け見えます。
幽玄で"磁器の豊かさ"を感じる事ができます。





「白」が美しい有田焼磁器

有田焼の特徴でもある「白さ」を感じて頂きたいという思いから、
シンプルなデザインとなっております。
内側は釉薬を施し、外側のテクスチャーは化粧土を巻く事で、"繭"のイメージを表現しました。
手にした時のふんわりとした柔らかな手触りと、口当たりの良さを感じてください。


>>> エッグシェルシリーズはこちら



 

お取り扱い上の注意
■本商品は、手仕事による独自の製法で作られた薄さにこだわった商品です。その為、デザインやサイズに若干のばらつきがあります。
■薄さにこだわった商品の為、熱い物を入れるとやけどする恐れがありますので、熱い物を入れてのご使用はお控えください。
また、直火や加熱調理器でのご使用はしないでください。
■キズやヒビが入った場合は、使用を中止してください。
■強い力を加えないでください。破損の原因になります。
■氷を落とすとグラスが破損する恐れがあります。氷を入れる際は、傾けてご使用ください。
■洗浄や使用時は丁寧にお取り扱いの上、ケガをしないよう十分にご注意ください。


お手入れ保管上の注意
■洗浄の際は、中性洗剤をお使いください。
■キズの原因になりますので、金属のタワシや研磨剤入りのタワシ、クレンザー等の使用はしないでください。


 


Instagram


Facebook

Top